TRANSLATE

個人情報保護方針

立命館生活協同組合(以下、当生協)は、個人の人権・プライバシーの保護は人と人との協同によって成り立つ生協にとって運営の根幹であると考えます。当生協は、個人情報が個人の権利と意思に帰属するものであることを踏まえ、加入、利用、運営参加される組合員および関係者の皆様の個人情報の保護のため、「個人情報保護方針」を定め、以下の通り「立命館生活協同組合の個人情報保護ポリシー」を表明し、体制の構築、施策の実施・維持及びこれらの継続的改善に努めます。

立命館生協の個人情報保護ポリシー

(1) 情報の収集・利用目的

当生協は、次の目的のために組合員および関係者の皆様の情報を収集させていただき、利用目的の範囲で適正に利用させていただきます。

  1. 当生協への加入についてのご案内、全国大学生協共済生活協同組合連合会(以下、全国大学生協共済連)が行う学生総合共済の加入についてのご案内、全国大学生協共済連が団体契約者となって取りまとめている保険についてのご案内・加入および支払の調査、連絡等のため
  2. 出資金の管理および加入者台帳の管理のため
  3. お申し込みいただいた商品・サービスの手配、提供、配達、事故連絡、アフターサービスならびに住まいの斡旋・契約のため
  4. 学生総合共済加入についての契約締結および維持管理・共済金支払い(医師等への確認を含む)等のため
  5. 当生協が提供または斡旋する商品・サービスについての情報提供やご案内のため
  6. 商品やサービス、事業内容、店舗運営の改善のためのアンケート送付・回収確認、分析等のため
  7. ご利用代金の請求および回収のため
  8. 当生協の運営や諸活動に関わる情報の提供、連絡のため
  9. 当生協に寄せられた意見、お問い合わせ、苦情等への回答のため
  10. その他定款に基づく当生協の事業遂行のため

(2) 情報の種類

当生協は前項の目的のため次の個人情報の一部を必要な範囲で収集させていただきます。

住所・氏名・生年月日・性別・所属部署・所属学部学科・電話番号・学籍番号・電子メールアドレス・生協購入履歴・パスポート、住民票の写し(海外旅行申込み、自動車教習所申込み時)、および共済等の加入・審査・給付に必要なご本人ならびに扶養者の健康状態

(3) 情報の収集方法

  1. 個人情報の収集は、適正かつ公正な方法により必要最小限の範囲で行います。
  2. 情報の収集は、第1項の目的のために、生協加入のお申し込みのとき、当生協の商品・サービスの利用のとき、共済等の給付の相談および申請のとき、アンケートやご意見・お問い合わせ等をいただいたとき等に収集させていただきます。
  3. 第三者から個人情報の提供を受ける場合は、情報の提供が本人に周知され同意を得ているときとします。    

(4) 情報の管理

組合員および関係者の皆様の情報を正確かつ最新のものにするように適切な措置を講じます。また、組合員および関係者の皆様の情報への不正なアクセス・利用等の防止に必要と考えられる措置を講じ、情報の保護に努めます。

(5) 情報の提供

組合員および関係者の皆様から収集した個人情報は、下記の場合を除いて第三者に開示または提供いたしません。

  1. あらかじめ加入者及び保護者の皆さまの同意がある場合
  2. 情報の利用目的を遂行するために業務を委託する場合
  3. 法令により必要とされる場合
  4. 公共または加入者及び保護者の皆さまの利益のために必要と考えられる場合

(6) 委託先の管理

前項により組合員および関係者の皆様の個人情報を提供または開示する委託先や関係会社に対し、個人情報の適切な取扱および保護を行わせ、第三者への開示・提供および第1項目の目的以外の利用を禁止します。

(7) 情報の開示・訂正

加入者及び保護者の皆さまからご自身に関する情報の開示・訂正の依頼があった場合は、ご本人であることを確認の上、特別の理由がない限り速やかに対応いたします。

(8) 改善

当生協は、個人情報の取り扱いに関する法令等を遵守し、適宜、本個人情報保護ポリシー・個人情報保護方針はじめ施策の改善を図ります。

(9) 個人情報に関するお問い合わせ窓口

個人情報相談窓口は以下におくこととします。

生協衣笠センター
生協BKCセンター
生協APUセンター

立命館生活協同組合

学生総合共済普及にあたって

当立命館生活協同組合では、学生総合共済の普及活動にあたり、かねてから大切にしてきた次の事項を遵守し、組合員の立場にたった活動に努めます。

  1. 消費生活協同組合法、金融商品の販売等に関する法律、消費者契約法、その他関連法令等および約款を遵守し、適正な普及活動に努めます。
  2. 保障の内容、重要事項等を組合員の皆様にご理解いただけるよう努めます。
  3. 組合員にご迷惑をおかけする時間帯や場所での普及活動は行いません。
  4. 万が一共済金の支払い事由が発生した場合におきましては、迅速かつ的確な共済金のお支払いができるよう努めます。
  5. 組合員の要望・質問などに適切に対応できるよう、担当者の教育・研修に努めます。
  6. プライバシーの保護の重要性を認識し、ご契約に関する情報等については適正かつ厳正に管理いたします。
  7. 組合員の皆様のご意見の収集に努め、今後の制度改善や普及活動に反映していくよう努めます。